ブログ

フィラリア予防

1フェレットJUGEMテーマ:わんこ

去年のフィラリア予防が終わったばかりと思っていたらもう3月。3月はノミ・ダニ予防、4月になれば狂犬病の集合注射が始まり、5月にはフィラリア検査をして第1回目のフィラリア予防薬の投与 thumb_20161025135017_580ee4893272f
今のうちにフィラリア予防についておさらいしておきましょう。
フィラリアは犬心臓糸状虫といい、名のとおり糸状の成虫が心臓内に寄生することにより心不全を起こします。また右心室から肺動脈付近に寄生するためsinnzou、肺血管壁にごつごつした病変ができ血流障害をおこします。症状が重くなるとうっ血性の心不全をおこし、肝硬変を起こし腹水がたまります。失神や咳といった症状もみられます。血管病変はフィラリアがいなくなるとよくなりますが、肝硬変や心臓拡大などは治りません。ですから、万が一感染してしまっていても数年のうち(寄生数が少ないうち)に駆除できれば発症を防ぐこともできます。
薬予防薬といわれているものは、移るのを未然に防ぐのではなく、蚊によって移ったフィラリアの仔虫を殺す薬です。以前は毎日飲むタイプのものもありましたが、最近では月1回投与するタイプのものが主流です。
ボーダーコリーやシェルティなどの犬種や成虫が生む仔虫の有無により副作用が出やすい薬ですが、きちんと投薬前に検査をして、獣医師の指導のもと投薬すればその心配はなくなりますし、基本的には安全性の高い薬です。室内で飼っているから、高層マンションで蚊は来ないからという理由で予防しない飼い主さんもいますが、蚊に刺される可能性が100%ない環境でなければ予防したほうがいいと思います。小さい心臓ほど少数寄生でも命取りになります。
また、猫thumb_20161218120359_5855fc9f799deやフェレットフェレット寝るにも感染する可能性があります。現在錠剤、散剤、クッキーのようなチュアブル、スポット剤などさまざまな剤形のものがありますし、同時に腸管内寄生虫やノミ・ミミダニ駆除ができるものもありますので、その子にあった方法が選べるようになりました。
私は幼少のとき、まだ予防法がなかったこの病気で愛犬を2代にわたって死なせてしまいました。そのとき何もできなかったことが獣医になるきっかけになりました。最近は予防が普及し、フィラリアに感染してしまった子も寄生数が減ってきたように思います。ぜひ、数年予防していなかった飼い主さんも予防再開していただき、このフィラリアという寄生虫自体がいなくなるよう望んでいます。

eiyousi02_a_02

_______________________
女性院長が丁寧に、分かり易く、信頼のおける動物病院を目指して~
アレイ動物病院(さいたま市 動物病院) 鉄道博物館そば、ペットの預かりも