ブログ

猫の甲状腺機能亢進症の処方食

JUGEMテーマ:にゃんこ


以前うちのこまち(写真)が甲状腺機能亢進症だった話をしました。
現在、抗甲状腺薬を飲ませていますが1日2回投薬は獣医師の私でもなかなか大変です


甲状腺を摘出してしまう方法もありますが、年寄りなのでできればストレスの少ない方法をとってあげたいと思うのが飼い主心です。
現在甲状腺機能亢進症用の処方食が発売されています。
嗜好性も良く、食餌のみで9割くらいの子が管理ができるようです。

また、高齢の子がかかり易い病気ですから腎臓機能が悪化していることも考えられます。腎臓の療法食としても与えることができます。
処方食は含有ヨードを制限した処方食です。ヨードは海藻などにたくさん含まれており、一般食では不足することがありません。食餌にうるさいネコちゃんだと切り替えが難しいかもしれませんが、薬を飲ませなくてもいいならぜひ試してみたいものです。
他の健康な子に与えても少し今までのお気に入りの缶詰等をおやつであげれば問題ないとのことです。